ノリーズのRFB710Mのインプレをまとめました

スピニングロッド

ノリーズのRFB710M ROCK FISH BOTTOM JIGHEAD SNAPPERは、スピニングモデルのソフトルアーロッドで、ロックフィッシュボトムシリーズの中でも特に高い実績を誇ります。このロッドは、テンヤマダイやエコギアアクアのジグヘッドリグに対応しており、浅瀬から約50メートルの深さまで幅広く使える汎用性を持っています。特に注目すべきは、シャープな操作性を実現しつつも、確実な食い込みを提供するカーボンソリッドティップの採用です。このティップは、誘いと食い込みのバランスを巧みに取りながら、粘り強いチューブラー部分と組み合わせることで、しっかりとしたフッキングを可能にします。

また、ガイドの設定にも特徴があり、キャスティングと深場へのライン送りを重視した設計がされています。これにより、アクティブにルアーを操作し、しっかりと魚を掛けることを目指すアングラーにとって最適な仕様となっています。

このロッドの全長は239センチメートル(7フィート10インチ)、2ピース構造で、収納時の長さは124センチメートルです。対応するラインはPE#0.6から0.8、リーダーは1.5から2ポンドを推奨しています。ジグヘッドは10から42グラム(2から10号)に対応しており、テーパーはエクストラファスト、パワーはミディアムです。トップの直径は1.2ミリメートル、重量は135グラムで、価格は48,000円となっています。

このロッドは、その柔軟性と操作性、強度のバランスが取れた設計により、幅広いシチュエーションでのロックフィッシュ釣りを楽しむための理想的な選択肢となっています。

RFB710Mのインプレ

コメント