シマノのグラノダイブ175Fのインプレをまとめました

ルアー

シマノのコルトスナイパー グラノダイブ175Fは、特に動かしやすさに焦点を当てて設計されたダイビングペンシルです。このルアーの特徴は、波風が荒れた海面でもエラーアクションを起こしにくい設計にあります。スリムなシルエットを採用することで、イワシやカマスなど細身の魚を模倣しており、透明樹脂をボディ素材に用いることで、フラッシュブースト技術を活かしたクリアカラーのラインナップを実現しています。

このルアーの形状は、ヘッド部分が大きく、尻尾にかけて細くなる設計で、高い浮力をヘッド部分にもたせています。これにより、垂直に近い浮き姿勢を保ちやすく、水との絡みを最大化するフラットサイド形状がダイビングアクションのエラーを減らします。また、固定重心タイプを採用し、オモリの位置を後方に配置することで、素早いダイブと安定した飛距離を実現しています。

このルアーはタダ巻きでも効果的にアクションし、特に磯のような高い足場からでも青物を誘うことができます。フラッシュブーストによる独特の生命感のあるフラッシングは、ルアーに興味を持った青物のバイト率を高めます。さらに、太軸貫通ワイヤー構造を採用し、大型の青物がヒットしても破損を防ぐ高い強度を有しています。

グラノダイブ175Fは、特にイワシやカマスがベイトフィッシュとなるシチュエーションに適しており、スレた青物にもバイトを引き出せるように見た目を本物に近づけています。ルアーアクションの組み合わせが容易であり、遠投から足元までの誘いに変化を付けやすい設計になっています。これらの特徴が組み合わさって、青物の反応が薄い時でも、このルアーを用いて様々な工夫を凝らし青物を誘うことが可能です。

グラノダイブ175Fのインプレ

コメント