アイマのジェッティー135sのインプレをまとめました

ルアー

アイマのジェッティー135Sは、サーフゲームに特化したシンキングミノーで、その特徴は多岐にわたります。このルアーは、全長135mm、重量26gというサイズで設計されており、50〜200cmのレンジをカバーすることができます。特に注目すべきは、その圧倒的な遠投性能で、MRDシステムにより安定した飛行姿勢と飛距離を実現しています。これにより、サーフや河口域での中層からボトムまで幅広いレンジを攻略することが可能です。

ジェッティー135Sは、ウォブンロールアクションを特徴としており、このアクションによって魚の注意を引き寄せることができます。さらに、アップクロスの状況でも安定して泳ぐことができるため、水噛みの良さもこのルアーの大きな利点です。リップ付きのデザインは、サーフゲームでの使用に最適化されており、メインターゲットはヒラメなどの魚種です。

このルアーは、河口、河川、サーフ、磯、オフショアなど、多様な釣り場において有効です。また、#4のフックと#3のリングを備えているため、大型の魚にも対応可能です。2020年4月10日に誕生したこのルアーは、その性能の高さからサーフゲームのパイロットルアーとして広く認知され、釣り愛好家の間で高い評価を得ています。

総じて、ジェッティー135Sは、その遠投性能、アクションの鮮明さ、そして多様な釣り場での使用可能性により、釣り愛好家にとって非常に魅力的な選択肢となっています。

ジェッティー135sのインプレ

コメント