アイマのスピンガルフネオ30のインプレをまとめました

ルアー

アイマのスピンガルフネオ30は、革新的なスピンテールジグで、糸絡みの問題を解消した製品です。このジグは、適度な引き抵抗を持ちながらも、スムーズに回転し続けるブレードが特徴で、これにより一貫したアクションが可能になります。さらに、その飛距離は平均70メートルという驚異の長さを誇り、10メートルの深いレンジでも効果的に使用できます。

このジグは、スピンテールジグ特有の針絡みの問題を解決するために設計されました。小さめのブレードを採用することで、引き重りを軽減し、プラグタックルでも使用できる汎用性を実現しています。30グラムのモデルは10メートル以上の深いレンジに適しており、20グラムのモデルは5メートル程度のセミディープレンジに最適です。

スピンガルフネオ30は全長105ミリメートル(ボディ長55ミリメートル)、重量は30グラムで、シンキングタイプのジグです。テイルスピンアクションを持ち、フックはフロントに#10、リアに#12サイズを備えています。リングは#2サイズ、ブレードはアイマ独自のオリジナルブレード#3を使用しています。

主なターゲットはシーバスであり、推奨される釣り場は港湾、干潟、河口、河川、サーフ、オフショアなど多岐にわたります。このジグは2016年2月29日に誕生し、その革新性と汎用性で釣り愛好家の間で注目されています。

スピンガルフネオ30のインプレ

コメント