アイマのスピンガルフネオ20のインプレをまとめました

ルアー

アイマのスピンガルフネオ20は、スピンテールジグの新しい進化形です。このルアーは、特に糸絡みの問題を解消することに重点を置いて設計されています。通常のスピンテールジグはフォール時に針が絡まりやすいという欠点がありますが、スピンガルフネオ20はこの問題を解決し、より快適な釣り体験を提供します。

このルアーの特徴は、小さめのブレードを採用している点にあります。これにより、引き重りが軽減され、プラグタックルでの使用も可能になります。また、ブレードはスムーズに回転し続けるため、適度な引き抵抗を保ちながら効果的な誘引を実現します。

スピンガルフネオ20は20gの重さで、シンキングタイプのルアーです。全長は95mm(ボディ部分は44mm)となっており、テイルスピンアクションを特徴としています。このサイズと重さの組み合わせは、特に5m程度のセミディープレンジでの使用に適しており、未攻略のディープレンジにも対応しています。

ルアーの飛行姿勢の安定性も特筆すべき点です。安定した飛行姿勢により、飛距離が向上し、より広範囲の水域を効率的に探ることができます。また、メインターゲットはシーバスで、港湾、干潟、河口、河川などの様々なエリアでの使用が推奨されています。

さらに、このルアーはimaオリジナルのブレード#3を装備しており、#12のフックと#2のリングを備えています。2016年2月29日に発売されたこのルアーは、釣り愛好家の間で高い評価を受けており、スピンテールジグの新たなスタンダードとなる可能性を秘めています。

スピンガルフネオ20のインプレ

コメント