アイマの魚道110MDのインプレをまとめました

ルアー

アイマの魚道110MDは、元祖ヒラメ専用ミッドダイバーとしてその地位を確立し、釣り界に新たな境地を開いたルアーです。このルアーは、特に急深ポイントでの釣りにおいてその真価を発揮します。その潜行能力により、水深150cmまでを狙うことができ、これは浮力構造とリップ形状の工夫によるものです。これらの特徴は、根掛かりを回避しつつ、求められるレンジをキープするために重要な要素となっています。

加えて、魚道110MDのもう一つの注目点はその飛距離です。高バランスボディ形状により、投げやすさと飛距離を向上させています。テール形状の改良により、安定した飛行姿勢を実現し、これによりサーフエリアなど広範囲を効率良く探ることが可能になります。

このルアーはウォブンロールアクションを持ち、その動きが魚を惹きつけます。サイズは全長110mm、重量19gとなっており、フローティングタイプです。装備されているフックはサイズ#6、リングはサイズ#3です。これにより、フッキング率の向上も期待できます。

魚道110MDの主なターゲットはヒラメであり、特に港湾、河口、河川、サーフ、磯、オフショアといったエリアでの使用が推奨されています。2013年4月10日に誕生して以来、多くの釣り愛好家に愛され続けており、その性能と実績は多くの釣果に裏打ちされています。そのため、ヒラメ釣りに挑む釣り師にとって、魚道110MDは欠かせないアイテムとなっているのです。

魚道110MDのインプレ

コメント