シマノのディアルーナS110Mのインプレをまとめました

スピニングロッド

シマノのディアルーナS110Mは、その長さとパワーで特に注目されるモデルです。全長が11フィート(約3.36メートル)という長いロッドは、特に大遠投に優れており、幅広い用途で活躍します。このモデルは9~16cmクラスのミノーや15~30gを超えるバイブレーション、トッププラグ、さらには45gまでのメタルジグに対応しています。これにより、大型のシーバスやヒラメ、青物などの大型回遊魚を狙うのに適していることが分かります。

ディアルーナS110Mは、その長さとパワーを活かして、大規模な河川やサーフ、足場の高い防波堤や磯場など、飛距離が重要となる釣り場での使用に最適です。このようなシーンでは、ロングキャストが求められるため、S110Mのような長いロッドがその力を発揮します。

また、このロッドは逆並継方式で2本継の構造を持ち、仕舞寸法は172cm、自重は180gとなっています。先径は1.7mmで、ジグウェイトは最大45g、プラグウェイトは7-38gに対応しています。適合するラインはPE0.8-2号です。これらの仕様により、多様な釣り方や状況に対応可能であり、特にロングレンジのキャスティングに優れた性能を持っていることが伺えます。

ディアルーナS110Mのインプレ

コメント