ブルーブルーのスネコン180Sのインプレをまとめました

ルアー

スネコン180Sは、ブルーブルーのルアーシリーズの中で最も開発に時間を要した製品です。この180mmの全長、100gの重さを持つルアーは、ボートシーバス、オフショアのヒラマサやGT、ロックショアの大型魚など幅広いターゲットに対応しています。特に注目すべきは、その非安定式重心移動構造による予測不可能なワイドなS字アクションと、全ウェイト重心移動による圧倒的な飛距離です。

開発の旅は2015年2月に始まり、スネコン130Sの成功と90Sの発売を控える中で、新しいサイズの開発が決定されました。180Sは、貫通ワイヤー仕様で大型魚とのファイトにも安心して対応できるように設計されています。

初のプロトタイプは2015年4月に長崎平戸でテストされましたが、不安定なアクションと挑戦の連続で、開発中止を考えたこともあったそうです。しかし、スネコン130Sの開発経験を活かし、軽量化や重心の低重心化を進めることで、2016年4月にはようやくまともなテストが開始されました。

使用方法としては、タダ巻き、ストップ&ゴー、ジャーキング、ロングジャークなどがあり、これらのアクションにより、S字アクションを最大限に引き出すことが可能です。内部ウェイトの動きにより音を生み出し、魚を引きつける効果もあります。この多様性と革新的な設計により、スネコン180Sはさまざまな海で大型魚を対象にした釣りに適しています。

スネコン180Sのインプレ

コメント