ブルーブルーのスネコン130Sのインプレをまとめました

ルアー

ブルーブルーのスネコン130Sは、釣り愛好家にとって注目すべきルアーです。このルアーは、全長130mm、重さ23gというサイズで、#3サイズのフックを2つ備えています。その最大の特徴は、水面直下を超ワイドS字軌道で動くことにあります。この動きは、リトリーブだけで約10~40cmの幅を持ち、特に水流の変化がある場所や、遠い位置での操作において顕著に現れます。

スネコン130Sは、一見するとシンペン(シンキングペンシル)のようですが、実際の動きはこれとは異なります。このルアーは、水流の中で引かれると、流れの変化によって惚れ惚れするようなS字軌道を描きます。ロッドの角度によって、水面下10〜30cm、または50cmまでの深さに対応できます。

このルアーのユニークな点は、非安定型重心の採用にあります。多くのルアーが重心の安定を目指す中、スネコンは意図的にアンバランスを保ち、左右に動きやすいウェイトを持っています。これにより、小魚が川の流れを横切るような自然な動きを実現し、魚の捕食本能を刺激します。

操作方法においても、スネコン130Sはユニークです。一般的なルアーが「引っ張る」感覚で使用されるのに対し、スネコンはラインを引くことで動力を入力し、ラジコンのように操作する感覚があります。初心者には、実際に見ながら操作を学ぶことが推奨されます。

このルアーの開発においては、無秩序な動きではなく、計算し尽くされた秩序的な動きを実現することが目指されました。これは、既存のポッパーやアメリカンルアーに見られる機構を洗練させた結果です。

結局、スネコン130Sは、そのアンバランスな動きと自然な軌道で、フィッシュイーターを強く引きつけることができる、革新的で魅力的なルアーと言えます。

スネコン130Sのインプレ

コメント