オールウェイク99モンスターバトルのインプレをまとめました

スピニングロッド

ジャンプライズのオールウェイク99モンスターバトルは、近距離でのモンスターハンティングに特化した究極のロッドです。この297cmのロッドは、10gから52gのルアーを扱える柔軟性を備えており、1.5〜2号のPEラインに最適化されています。25〜40ポンドのリーダーに適応し、チタントルザイトのガイドを使用している点が特徴です。価格は61,000円(税込67,100円)で、日本製の品質を保証しています。

このロッドは、小型ルアーの操作性に優れ、大型ルアーも軽々と扱える設計が施されています。特に、フッキング後のパワフルなブランクスが大型魚の制御に役立つことから、魚がバレるリスクを軽減し、硬い竿での高負荷時の問題点を解決しています。108モンスターバトルの人気を受け、独自の設計で短縮されたモデルとして開発されました。80m以内の近距離戦闘に重点を置いており、100mを超える距離では108モンスターバトルが適しています。

このロッドは硬くシャープな感触を持ちながら、負荷がかかるとしなやかに曲がり、魚の抵抗を効果的に抑制します。従来の硬いロッドがフックの変形によるバラシの問題を抱えていたのに対し、99モンスターバトルは高負荷ドラグでもフック変形が起きにくい設計です。30t中弾性プリプレグを主体とした構成により、高弾性ロッドと比較して破損が少ないのも大きな利点です。トップガイドにはSICリングが採用されており、衝撃によるリング割れを軽減します。

2017年に公開された開発テストのDVDが大きな話題を呼び、ヒラスズキや真鯛、青物などの釣りに実績を上げています。オフショアテストでは10キロ超のヒラマサや28キロのキハダもキャッチしており、その性能の高さが証明されています。海と魚との対話を通じて、厳しいテストを経て作り上げられたこのロッドは、接近戦パワーファイトの世界観を大きく変える製品として注目されています。

オールウェイク99モンスターバトルのインプレ

コメント