ダイワのオーバーゼアグランデ109ML/Mのインプレをまとめました

スピニングロッド

ダイワのオーバーゼアグランデ109ML/Mは、サーフおよび堤防での釣りに最適化されたハイスタンダードなロッドです。このモデルは、遠投性、感度、調子、外観といった面で従来のAIRシリーズを基にしており、その欠点を改善しています。特に遠投性能の向上は顕著で、軽量化とルアーの飛距離の増加が実現されています。使いやすさが大幅に向上しており、ルアーのキャストや操作が非常に快適で、釣りをする楽しさを高めています。

外観に関しても、ブランクスは余計な部分を削ぎ落とし、素材の最適化とトップ節のバイアスクロスの配置見直しにより、遠投性と操作性が大幅に向上しました。この変更により、AIRシリーズとは一線を画す性能を実現しています。また、外観のデザインも洗練されており、ネーム周りのコスメティックも改善されています。

リールシートには、ハイエンドモデルのAGSシリーズにも搭載されているエアセンサーオーバルシートが採用されています。これにより握りやすさと外観がハイエンドモデルに匹敵する仕様となっています。

ガイドにはPE1~1.5号の比較的細いラインにも対応するSiCガイドが採用されており、放熱性と耐傷性に優れています。これにより大物を狙う際にも信頼性が高まります。

109ML/Mモデルは、サーフフィネスモデルとして位置づけられており、マイルドなMLパワーのティップとMパワーの強いバットを兼ね備えています。この組み合わせにより、12cm前後のミノーやシンキングペンシルといったルアーに対応し、ただ巻きやリフト&フォールなどのアクションを得意としています。

全体的にこのロッドは、サーフや堤防での釣りにおいて、上級者も満足する性能を持ち、キャストの爽快感と操作性の向上により、釣りの楽しさを一層高めることができる優れた製品です。

オーバーゼアグランデ109ML/Mのインプレ

コメント