ダイワのオーバーゼアグランデ103Mのインプレをまとめました

スピニングロッド

ダイワのオーバーゼアグランデ103Mは、サーフおよび堤防釣り向けの高性能ロッドで、上級者も満足するレベルの仕様を備えています。このロッドは、遠投性能と操作性の向上に重点を置いて設計されており、広大なエリアでの釣りを有利に進めることができます。大人気のAIRシリーズをベースにしており、AIRに比べてより軽量で、キャストスイングがシャープであり、ルアーの飛距離が明らかに向上しています。

このロッドのブランクスは、余計な部分を削ぎ落とし、素材を最適化しています。トップ節のバイアスクロスの配置の見直しにより、遠投性と操作性が大幅に向上し、AIRとは別物の性能を体感できます。外観にもこだわり、高品質なコスメティック仕上げが施されています。

リールシートには、ハイエンドのAGSシリーズにも搭載されているエアセンサーオーバルシートが採用されています。これにより、握りやすさと見た目の美しさがハイエンドモデルに匹敵します。

ガイドリングには、放熱性と耐傷性に優れたSiCが使用されています。これは、PE1~1.5号の比較的細いラインで大物を狙う際に重要な要素です。

103Mモデルは、マイルドスタンダードモデルとして位置付けられており、30g前後のメタルジグやセットアッパー125S-DRのようなミノーを遠くまで投げることができます。張りのあるシャープなブランクスと絶妙な長さにより、軽快な操作性を保ちつつ、サーフでの正確なラインコントロールとルアー操作が可能です。

仕様に関して、103Mモデルは全長3.12m、2ピース構造で、仕舞寸法は160cm、自重は159gです。先径は2.0mm、元径は16.7mmで、ルアー重量10-45g、ジグ重量10-50g、適合ラインPEは0.8-2.0号です。カーボン含有率は99%となっており、メーカー希望小売価格は41,000円です。

オーバーゼアグランデ103Mのインプレ

コメント