ダイワのオーバーゼアグランデ911M/MHのインプレをまとめました

スピニングロッド

ダイワのオーバーゼアグランデ911M/MHは、サーフや堤防での釣りに最適な高性能ロッドです。このロッドは、遠投性能と操作性を重視して設計されており、AIRシリーズの人気に基づき、感度や外観などを大幅に改良しています。特に、軽量化とシャープなキャストスイングにより、ルアーの飛距離が顕著に伸びることが特徴です。また、ルアー操作のしやすさが大幅に向上しており、釣りをしている間の快適さも増しています。

このモデルのブランクスは、余計な部分を取り除き、素材を最適化することで、遠投性と操作性を格段に向上させています。また、トップ節のバイアスクロスの配置も見直され、AIRシリーズとは一線を画する性能を実現しています。見た目にもこだわり、デザインは洗練された外観に仕上がっています。

リールシートには、ハイエンドモデルのAGSシリーズにも採用されているエアセンサーオーバルシートが搭載されており、握りやすさと見た目の両方で高い評価を受けています。また、ガイドリングには放熱性や耐傷性に優れたSiCが採用されています。これにより、細いラインでの大物釣りでも信頼性を保ちます。

911M/MHモデルは、ハイパワーでテクニカルな釣りに対応するよう設計されています。柔軟なMパワーのティップと、中型の魚種に対応する強力なMHパワーのバットを組み合わせ、操作性とパワーを高いレベルで両立しています。特に、プレッシャーが高いフィールドや小型のベイトフィッシュを偏食する状況において最適です。

全長は3.02メートル、継数は2本で、仕舞寸法は155センチメートル、自重は163グラムです。先径は2.0mm、元径は17.7mmで、ルアー重量は10-60グラム、ジグ重量は10-70グラムに対応し、適合ラインはPE1.0-2.5号、カーボン含有率は99%です。メーカー希望本体価格は41,000円となっています。これらの仕様は、サーフや堤防での釣りに最適な性能を提供します。

オーバーゼアグランデ911M/MHのインプレ

コメント