シマノのルナミスS100Mのインプレをまとめました

スピニングロッド

シマノのルナミスS100Mは、先進的な技術とデザインを融合した軽量ショアキャスティングロッドです。このモデルは全長3.05メートル(10フィート)で、逆並継の継ぎ方式を採用しており、仕舞寸法は155.9センチメートルです。自重はわずか156グラムと軽量で、高感度な釣りを可能にします。ルナミスS100Mは、先径1.7ミリメートルで、最大45グラムのメタルジグ、7~35グラムのプラグに適応し、0.8~2号のPEラインに対応しています。

このモデルは特に遠投性に優れており、10~15cmクラスのミノーや15~35gクラスのバイブレーション、ブレードベイト、45gまでのメタルジグなど幅広いルアーに適しています。ランカーシーバスやヒラメ、ライトショアジギングでの青物や回遊魚の攻略にも適しており、中~大規模河川、干潟、沖堤、サーフなど様々なフィールドでの使用が可能です。

ルナミスS100Mは、前作と比較して最大10%(15g)の軽量化を実現しています。この大幅な軽量化は、スパイラルXコア技術とカーボンモノコックグリップの採用によるものです。これらの技術は、ロッドの軽さと強度を高めるだけでなく、操作時のシャープさとレスポンスを向上させ、より高精度な釣りを実現します。ルナミスシリーズは、幅広いレングスとパワーレンジを持ち、軽量プラグから50gを超えるメタルジグまで対応する多様なモデルを展開しています。港湾、汽水湖、河川、沖堤、サーフ、磯場など、近距離から遠距離までのあらゆるシーンでの使用に適応し、シーバス、ヒラスズキ、ヒラメ、青物、回遊魚など多種多様なターゲットの攻略に適しています。

ルナミスS100Mのインプレ

コメント