シマノのルナミスS96Mのインプレをまとめました

スピニングロッド

シマノのルナミスS96Mは、ショアキャスティングの分野で注目されるロッドです。このモデルは、全長2.90メートル(9’6″)で、操作性と遠投性を巧みにバランスさせています。逆並継の継ぎ方式を採用し、仕舞寸法は148.6センチメートル、自重は136グラムとなっており、取り回しやすさを重視した設計です。

このロッドは、10~15cmクラスのミノーや15~35gクラスのバイブレーション、ブレードベイト、さらには45gまでのメタルジグに適しており、ランカーシーバスやライトショアジギングによる青物や回遊魚の攻略に最適です。多様なシーンでの使用に適しており、河川、干潟、沖堤などのフィールドでの使用が得意です。

また、前作と比べて最大10%(15グラム)の軽量化を達成しています。この軽量化は、スパイラルXコアの採用と、カーボンモノコックグリップによって実現されています。これにより、操作時のシャープさとレスポンスが大幅に向上し、高精度なゲームを楽しむことができます。

ラインナップは幅広いレングスを取り揃え、軽量プラグから50g超のメタルジグまで対応するLからMHパワーまでの豊富なアイテムが展開されています。港湾、汽水湖、河川、沖堤、サーフや磯場など、近~遠距離戦のあらゆるシーンに適応する設計です。シーバス、ヒラスズキ、ヒラメ、青物や回遊魚など、多種多様なターゲットの攻略に活躍することが期待されます。

ルナミスS96Mのインプレ

コメント