アイマのアイボーン98Fのインプレをまとめました

ルアー

iBORN 98F shallowは、ロングディスタンスキャスティングに特化し、シーバス釣りの効果を最大化するために設計されたミノーです。このルアーは、特に水面直下のシャローエリアでの捕食に適しており、シーバスが好む狩りのフィールドをターゲットにしています。そのため、港湾、干潟、河口、河川などの浅い水域での使用に最適化されています。

iBORN 98F shallowの特徴の一つは、安定した飛行姿勢と長い飛距離を実現するために工夫されたボディ形状です。この設計により、釣り人はより遠くのポイントにルアーを届けることが可能となります。また、独特のリップ形状が水をしっかりと噛み、ワイドウォブンロールアクションを生み出します。このアクションは、シャローでのハイアピールに効果的で、シーバスを引き寄せるのに役立ちます。

ルアーの全長は98mm、重さは13gで、フローティングタイプです。水中での動作範囲は0〜20cmの浅いレンジに設定されており、#4のフックと#3のリングが取り付けられています。2015年9月10日に誕生したこのモデルは、imaプロスタッフの辺見哲也氏によってプロデュースされました。彼の代名詞であるキャスティング性能と安定したシャロー性能が融合され、シーバス釣りにおいて信頼性の高いツールとしての地位を確立しています。

このルアーは、その特性を活かして、特にシーバス釣りにおいて優れた成果を上げることができます。シャローエリアでの効果的な捕食を可能にするこのルアーは、釣り人にとって常に寄り添うような信頼できる懐刀のような存在です。

アイボーン98Fのインプレ

ツイッターにアイマのアイボーン98Fのインプレをあつめました。

コメント