アイマの魚道130MDのインプレをまとめました

ルアー

アイマの魚道130MDは、サーフのヒラメや磯のシーバスを対象とした万能型ミッドレンジダイバーとして設計されています。このルアーの一番の特徴は、大型鉄球を3個搭載した重心移動システムにより、驚異的な飛行性能とスイム性能を実現している点です。このシステムにより、遠投性能が高く、広範囲の水域を効率的に探ることが可能です。

また、魚道130MDは全長130mm、重量23gという仕様で、フローティングタイプのルアーです。水中でのアクションはウォブンロールで、これがヒラメやシーバスなどの大型魚を引きつけるのに効果的です。特に、そのローリングアクションはランカーを狙うボートシーバスゲームや磯ヒラゲームにおいて高い実績を誇ります。これにより、シーバス愛好家の間で密かに人気を博しています。

フックは#4サイズで、リングは#3サイズを採用しており、確実なフッキングを実現しています。また、このルアーの潜る深さは80cmから150cmの範囲で、主なターゲットはヒラメですが、河川、サーフ、磯、オフショアなど幅広いエリアでの使用が可能です。2014年1月15日に誕生したこのルアーは、多くのアングラーにとって信頼性の高い選択肢となっています。

魚道130MDのこれらの特徴は、アングラーが広範囲を探索する際や、特定の大型魚を狙う際に大きなアドバンテージを提供します。その飛行性能とアクションは、特にサーフや磯などのオープンウォーターでの使用に適しており、さまざまな状況での釣りに対応できる汎用性の高さが魅力です。

魚道130MDのインプレ

コメント