アイマのクープ45のインプレをまとめました

ルアー

imaのQoop 45は、ライトゲーム用ペンシルポッパーとして位置づけられています。このルアーは、メバルや小型回遊魚をメインターゲットに設計されており、特にその独特な音と波動によるアピールが特徴です。Qoop 45は、ウエイトとカップの組み合わせから2種類のサウンドを発生させることができます。カップによって生じるポップ音と、ボールウェイトが生み出すラトル音(コトコト音)が、魚に強烈なアピールを送り出します。

また、このルアーには腹部にグローボールが内蔵されているため、夜間や常夜灯のない磯場での使用においてもルアーの視認性が高まります。これにより、釣り人は暗がりでもルアーの位置を把握しやすくなります。

Qoop 45のサイズは45mmと設定されており、これは操作性とアピール力を考慮して決定されたものです。小型のトッププラグ(30mmクラス)は動きが不安定になりやすい傾向がありますが、45mmのサイズはその点を改善しています。ルアーのスペックには、全長が45mm、重量が3gであり、タイプはトップウォーター、アクションはドッグウォーク、使用されるフックサイズは#12、リングサイズは#1です。

Qoop 45は、港湾、河口、河川、磯など様々な場所での使用が推奨されており、2019年11月30日にリリースされました。このルアーは、音と動きによる魚の寄せ効果と、場を作る能力によって、ライトゲーム釣りの楽しみをさらに広げています。

クープ45のインプレ

コメント