アイマのモーグリ120Fのインプレをまとめました

ルアー

アイマのモーグリ120Fは、釣り具の中でも特に進化したミッドダイバーです。「飛んで、潜って、浮上する」というコンセプトのもと、多機能性を追求しています。このルアーは、特に深さ1から2.5メートルのレンジを探る能力に優れており、これまでのimaのフローティングミノーと比較しても際立った深度をカバーします。その結果、より深いレンジに潜む魚へのアプローチが可能になります。

モーグリ120Fのもう一つの特徴は、高い浮力設定です。これにより、ルアーは水面近くでのパフォーマンスも発揮し、多様な釣り場面での使用が可能になります。ロングビルミノーとしては珍しく、飛距離を伸ばすためのMRD(Magnetic Response Diver)システムを搭載しています。これは、特に足元から深い水域を狙いたい時に大きなアドバンテージとなります。

ルアーの仕様についても注目に値します。全長は120mm、重量は24gとなっており、これはバランスの良いサイズと重量です。フローティングタイプでありながら、レンジは100cmから250cmと広範囲に渡ります。アクションはウォブンロールを採用しており、自然で誘う動きが特徴です。フックサイズは#3、リングサイズは#4で、メインターゲットはシーバスです。推奨される釣り場所としては、磯、河口、ボート、防波堤などがあります。

このように、アイマのモーグリ120Fは、その深いレンジ性能と高い浮力、さらに優れた飛距離とアクションのバランスで、幅広い釣りシーンでの活躍が期待されるルアーです。特にシーバスをターゲットにする際には、その性能が存分に活かされることでしょう。

モーグリ120Fのインプレ

コメント