シマノのビームドリフト125sのインプレをまとめました

ルアー

シマノのビームドリフト125Sは、独自の設計により特にサーフでの使用に適しているシンキングペンシルルアーです。このルアーは、遠くのポイントにルアーを届けるために重ために設計されており、風の強い悪条件下でも遠投が可能です。また、そのデザインは空気抵抗を受けにくくされており、ルアーが気持ちよく飛ぶようになっています。さらに、先端にはカップが設けられており、掘りの深さや長さ、角度が細かく検証されています。これにより、ルアーのアクションが向上し、飛距離にも影響を与えません。

このルアーの重量は40gで、ウェイトバランスが考慮されて設計されています。これにより、フォールアクションが安定し、遠投した先でもボトムタッチの感覚が手元に伝わりやすくなっています。ルアーの基本的なアクションはタダ巻きで、弱ったベイトを演出します。また、フォール時にはシミーフォールと呼ばれるアクションが可能で、ルアーが沈みながら揺れることで、フォール中にもバイトを誘発します。

ビームドリフト125Sは、内蔵されたフラッシュブーストと組み合わせることで、一際目立ったフラッシング効果を発揮します。また、スリムな顔に設けられた小さなカップは、ルアーのレンジキープ性能を向上させ、手元に操作感を伝えつつ、飛距離に悪い影響を与えません。

最後に、このルアーは大型のターゲットにも対応するために貫通ワイヤー構造を採用しており、ブリサイズの青物や座布団クラスのヒラメなど、大型のターゲットがヒットしても破損するリスクを軽減しています。これらの特徴により、ビームドリフト125Sはサーフ釣りにおいて多様なシチュエーションに対応可能なルアーとなっています。

ビームドリフト125sのインプレ

 

コメント