アイマのサンティス33のインプレをまとめました

ルアー

アイマのサンティス33は、サーフ釣りに特化したユニークなジグスプーンです。このルアーは、ただ巻きでも高いアピール力を発揮する設計となっています。特に注目すべきは、取り外し可能な「ノーマルモードブレード」です。このブレードを外すことで空気抵抗を抑え、飛距離を向上させることができます。さらに、ブレードモードでは、ブレードのフラッシング効果と本体のローリングアクションが組み合わさり、魚に対して強烈なアピールを行います。また、ラバーモードでは、別売りのラバーをブレードと交換することで、より大きな存在感を放ちます。

サンティス33の魅力は、その多機能性だけに留まりません。スプーン形状を採用しているため、低速での動作に強く、フラットフィッシュなどの捕食ゾーンを正確にトレースすることが可能です。加えて、72mmの全長と33gの重さは、遠投性能にも優れており、広範囲のエリアを効率的に探ることができます。

リトリーブ時に発生するローリングとスラロームアクションは、魚の食性を刺激しやすく、特にヒラメなどのメインターゲットに対して効果的です。このルアーには、#8のフックと#3のリングが装備されており、2016年10月31日の誕生以来、河口やサーフエリアでの釣りにおいて高い評価を受けています。サンティス33は、その多機能性と高いアピール力で、アングラーにとって魅力的な選択肢となっています。

サンティス33のインプレ

コメント