オールウェイク107ハイパーフュージョンのインプレをまとめました

スピニングロッド

ジャンプライズのオールウェイク107ハイパーフュージョンは、釣り愛好家にとって非常に魅力的なロッドで、その特徴は多岐にわたります。このロッドは、全長が10.7フィート(約323cm)で、重量は192gとなっており、10〜48gのルアーウエイトに対応しています。また、1.2〜1.7号の適合PEと25〜40ポンドの適合リーダーを備えており、SiC-Sガイド(トップのみSiC-J)を採用しています。

価格は63,000円(税込69,300円)で、日本製の品質を誇ります。108モンスターバトルと105マルチの長所を融合したこのロッドは、1年半の開発期間を経て誕生しました。バット部はモンスターバトルに由来する遠投力とリフトパワーを持ち、ティップ部はマルチから受け継いだしなやかさと粘り強さを兼ね備えています。これにより、全く新しい世界観を実現するロッドが誕生したのです。

このロッドは、全国各地のフィールドの80%をカバーすることが可能で、カバーできないフィールドも存在しますが、ハイパーフュージョンを使用することで攻略の幅が広がることが期待されます。モンスターバトルの遠投力とパワーレベルでのファイト感を維持しながら、小型ルアーをストレスなく操作できることが求められています。さらに、早い金属的なバイトや元気のないバイトに対して、ティップの入り込みからのタイムロスを与えることでフッキングの成功率を高めることができます。

過酷な実釣テストを通じて、このロッドの有効性が確認されており、サーフからのフラットゲーム、磯からのシーバスやヒラスズキ、10キロサイズの鰤や7キロサイズのヒラマサまで対応可能です。柔と剛を兼ね備えたこの魅力的なブランクスで、難しいフィールドの攻略に挑んでみる価値があります。

オールウェイク107ハイパーフュージョンのインプレ

コメント