スコーピオン17113r-2のインプレをまとめました

ベイトロッド

シマノのスコーピオン17113r-2は、海外の大物フィッシュイーターとのファイトに適した強力なロッドです。長尺でありながら、優れたボトム感知能力を持ち、大口径ガイドの搭載によるライン放出性能が特徴です。このモデルは、遠投性能が高く、多様なターゲットフィッシュに挑むショアアングラーにとって必要不可欠な存在となることが期待されています。

スコーピオン17113r-2の特徴は、その汎用性の高さとタフさ、優れた携行性にあります。このロッドは、海外遠征はもちろんのこと、国内のさまざまなルアーフィッシングシーンにも適応します。レギュラーテーパーとワン&ハーフ設計を軸にしたラインナップが、このロッドの適応性の高さを示しています。ベリーからバットにかけて分割されたワン&ハーフ設計の並継仕様は、強靭なバットパワーと操作しやすいしなやかなティップセクションを両立し、携行性にも優れています。

また、スコーピオン17113r-2は大口径ステンレスフレームSiCガイドを装備しており、6号クラスのPEラインや100lbを超すショックリーダーにも対応します。特に2番パワー以上のモデルでは、強度と剛性を重視したオールダブルフットガイドが採用されています。これにより、パワーフィッシングにおいてガイドの破損リスクを最小限に抑えることができます。

このロッドのブランクスは、スパイラルXとハイパワーXを採用した軽量でタフな構造を持っています。シマノ独自のカーボンテープ構造により、キャスト、ルアーアクション、ファイトのすべてがスムーズに行え、パワーロッドの新たな世界基準を示しています。さらに、このロッドは高い遠投能力を持ち、どんな釣り状況でも遠投が不可欠な遠征釣行に最適です。

グリップ部は握りやすく、パワー伝達力のバランスを保ちつつ、軽量化を図ったパーフェクションシートXT(スピニングモデルはエアフェクトシートCI4+)とストレートコルクを組み合わせています。スピニングタイプのリールシートは、リールフットのサイズに応じた最適なフィッティングが可能です。

総じて、スコーピオン17113r-2は、モンスタークラスのフィッシュとのファイトに必要な強度、しなやかさ、軽量性を兼ね備えたロッドです。その優れた適応性とタフネスは、国内外を問わず、多様なルアーフィッシングシーンでの信頼性とパフォーマンスを約束します。

スコーピオン17113r-2のインプレ

コメント