シマノのルナミスB120M-3のインプレをまとめました

ベイトロッド

シマノのルナミスB120M-3は、シリーズ中で最も長いロッドとして注目を集めています。その全長は12フィート(約3.66メートル)に及び、特に広範囲の釣り場においてその長さが役立ちます。このロッドの最大の特徴は、シマノ独自のロッドテクノロジーによる軽量化です。通常、長いロッドは重く感じがちですが、B120M-3は重さや扱いにくさを大幅に軽減しています。

このロッドは、10~15cmクラスのミノーや15~35gクラスのバイブレーション、ブレードベイト、さらには45gまでのメタルジグに適しており、多様なルアーに対応可能です。これにより、ヒラスズキやランカーシーバス、ヒラメ、青物や回遊魚など、さまざまなターゲットの攻略に適しています。特に足場の高い磯場や防波堤、大規模河川やサーフなど、広い範囲をカバーする場面での使用に最適で、圧倒的な飛距離を実現します。

また、持ち運びの利便性を重視して設計された3ピース構造も大きなポイントです。仕舞寸法は127.2cmと、長さの割にはコンパクトにまとめられており、移動時の扱いやすさが考慮されています。自重は212gで、先径は1.8mm、ジグウェイトの対応範囲は最大45g、プラグウェイトは7-35g、そして適合ラインPEは0.8-2号となっています。

このように、シマノのルナミスB120M-3はその長さ、軽量化、多様なルアーへの対応性、持ち運びやすさという特徴を備え、広い範囲の釣り場での使用に適した高性能ロッドと言えるでしょう。

ルナミスB120M-3のインプレ

コメント